体験予約 LINE予約

blog
BLOG

最高の睡眠は最高の投資

睡眠に投資をしよう!

睡眠は最強の自己投資になります!

健康に気を使っている人はサプリメントや栄養補助剤にお金をかけていますが、その前に少し意識を変えるだけで大きな変化が起こりお金もあまり使わなく習慣化しやすい上にダイエットにも効果的な睡眠について話したいと思います。

 

究極の投資の睡眠方法

眠るためのテクニックを紹介したいと思います。

朝・昼・夕・夜の4つのシーンに分けてポイントをお話しさせていただきます。

まず朝にやってほしい事が1000〜2500ルクス以上の強い光を浴びる事です。

強い光を浴びると脳は朝がやってきたと認識をして覚醒を始めます。同じ時間帯に家の中でも構いませんので、

カーテンを開け5分ぐらい何かをしながらでも光を浴びてみてください。

例えば窓際で歯ブラシをしたり光のあたる場所で朝食を取るなどです。

生活の動作の中に比較的取り入れやすいので習慣化しやすいと思います。

雨の日や曇っている日は、デスクライトの顔を近づけるなどして人工的な光でも良いので光を浴びる事が大事です。

どうしても2度寝をしたい時は寝床から離れ、光が当たる所で寝てください。人は目を閉じていても網膜から脳に光を届けることが可能です。逆に早く起きてしまったら強い光に当たらないようにしてください。当たってしまうと体内の時計がリセットされてしまうので時間によっては工夫をし大きく乱さない事も必要になります。

 

昼に計画的に仮眠

人の脳は起きてから4時間位が1番良いとされていて、8時間後には生理的に眠気が起こり脳のパフォーマンスが落ちてきます。根性、やる気の問題ではないようです。

なので、計画的に仮眠をするのが良いと思います。

計画的仮眠の5つのポイント

・眠くなる前におこなう

・カフェインを摂取

・時間は10〜20分程

・完全に寝そべらない

・目を閉じるだけでも良い

どうせ眠くなるなら眠気が来る前に行ない、寝る前にカフェインを摂取して目覚めをよくし深い睡眠にしないように10分〜20分程度にとどめます。

寝そべらず、椅子などに座ったまま寝ることで起きるのを楽にします。仮眠と聞くと眠りに落ちないといけないと思いがちですが、目を閉じるだけでも脳は休むことができます。

 

夕方の深部体温

人は深部体温が下がると眠くなり上がると覚醒します。

生理的体温リズムは夕方に深部体温があがります。なので夕方の運動は心部体温を上げることに繋がり、夜寝るときに下がりやすくなり、寝付きと深い睡眠を促します。

反対に夕方に居眠りをしてしまうと夜に眠くなくなり良い睡眠が得られません。

夕方の運動は10〜15分程の散歩やちょっとした階段の上り下りでも良いと思います。

一日の体温リズムを保持する為にはある程度の筋肉が必要です。なので普段から筋トレやスポーツなどの体を動かす事で体温調節のベースを作るのがオススメです!

 

最後は夜にやってほしい事

まず頭に入れて欲しいのが寝る前の2〜4時間前は1日で最も眠りに入りづらい時間帯になります。

理由は睡眠物質、メラトニンの量が1番少なく早めに寝ようとしても中々寝付けないのです。

眠くないけどベットに横になり眠ろうとしていますと言う人が3〜4時間寝れないなんて事も少なくないと思います。これをやめてしまいましょう。

眠くないのにベッドに入ると脳がここは眠る場所じゃないと勝手に認識をしてしまい逆に目が覚めてしまいます。なので部屋全体の照明を落としスマホなどのブルーライトから離れ潔くベットから出てラジオや、本などを聴いたり読んだりする事で睡眠圧というものが高まり眠れるようになります。

もう1つの方法が寝る90分〜120分前に電気を消し入浴する事です。

お風呂の電気は意外に目の近くにあり強い光を浴びてしまいメラトニンの低下に繋がる恐れがあります。

そして、浴槽に入ることで深部体温をあげます。深部体温をしっかり上げるには15分程つかることが大切です。

深部体温が上がると、今度は温度が下がり始めます。眠気が来る温度に下がるのが大体90〜120分程かかるという事です。このタイミングで寝る事により質のよい入眠と睡眠が可能になります。

睡眠の重要性がわかっているけど、良い睡眠方法がわからないという方に向けオススメの方法をお伝えしてみました。この記事を見て皆さんの睡眠の改善が出来たら嬉しく思います。

 

カロリートレードジャパン八千代台店では、お客様の能力に合わせてメニューを組み込みます。ダイエットはもちろん大会に向けての本格指導、ボディメイク知識などを用いて太りづらい身体づくりへ導く為のお手伝いをしています。

八千代台駅徒歩8分!お子様連れ歓迎。予約制での完全個室のパーソナルジムで人の目を気にせず、トレーニングに集中できます!

一緒に頑張りましょう!